転職失敗談

【転職失敗談】リファラル採用面接で落ちた話

更新日:

リファラルでの応募だと、通常応募よりも採用となる確率は高いです。
紹介する側の人間が、ある程度人間性やキャリアを把握しているため、一定の基準はクリアしていると判断できるためですね。

そんなリファラルでの採用面接で失敗し、不採用となった体験談をご紹介したいと思います。

紹介者から実質2次面接が最終面接と言われる中で、2次面接にて不採用が確定しましたので、最終面接前の人にはお役に立てるかもしれません!

リファラル採用面接に応募した企業概要と募集要項

まずは応募した企業概要と、募集要項です。

企業情報: 大手外資系企業
募集職種: 金融系エンジニア

リファラル採用面接のステップ

一次面接での面接官はプロジェクトマネージャーです。
直接お会いして、面接開始となりました。

二次面接官は事業部長です。
WEB面接で、相手が指定時刻になったタイミングで面接は開始されました。

一次/二次ともに、面接官は事前に連携してある履歴書/職務経歴書を、PC上で確認しながら質問してくる形式でしたね。

一次面接の会話内容

面接官
それではよろしくお願いします。
まずはご自身の経歴含めた自己紹介をお願いします。
モン閃
よろしくお願いします。モン閃と申します。

IT業界歴は12年と少し、金融業界の経験は約10年程となります。

直近ではマネジメントを中心とした、PLやPMOのポジションで現場に参画しています。

面接官
ありがとうございます。

それでは金融業界での経歴について詳しく聞かせてください。

生保での経験は〇年、銀行での経験は△年とありますが、この間リーダー経験があるのですね。

モン閃
はい。銀行では▲年程、チームリーダーとして進捗管理や顧客との折衝を担当していました。

生保ではプロジェクトリーダーとして、進捗管理、品質管理、顧客調整を▲年程担当しておりました。

面接官
では続いて、技術に関する話を聞かせてください。

得意な言語は経歴によるとVB系になりますか?

モン閃
直近はVB系案件が多かったですので、その通りです。

以前はJavaでの開発も行っていましたが、現場レベルでの経験としては少し遠ざかっています。

面接官
最新の技術動向はどうですか。

何か書籍等で情報収集はされていますか?

モン閃
はい。自社研修でAIやRPAの学習を行っています。

別途、書籍でも情報収集は行っています。

面接官
わかりました。

それでは話題を変えて、転職理由と当社への志望動機をお聞かせください。

モン閃
転職理由は自社内での開発に関して、うまく進まないことです。

何年も前から自社商品の開発を掲げてはいますが、実現の見通しが立っていません。


モン閃
また社長に恩義を感じていて、転職することは裏切りであるとずっと思ってきました。

ですが、経営者と一社員の立場であると俯瞰してみて、今の会社に縛られる必要はないと気づいたことも、転職に踏み出した理由となります。


モン閃
志望動機は、大企業である御社の海外含めた知見に触れてみたいからです。

最新の海外トレンドや、最新技術の導入事例など、内部にいることで触れられる情報に興味があります。

面接官
ありがとうございます。
ではご自身の得意な領域と苦手な領域、強みと弱みなどについて教えてください。

モン閃
自分の強みとしては調整力です。

例えば現場でうまく進まない事があるとき、会議の場でいきなり発言するのではなく、事前に根回しをしっかり行っておいて、進むべき方向へプロジェクトを導いていく。

そのための事前準備を行っておきます。


モン閃
弱みは、最近現場で開発に携われていないので、プログラミングをスピード感持って取り組めていない点です。

面接官
開発は専任者がいるので、マネジメントや上流を中心に行ってもらえれば良いですよ。

設計する際に必要となるベースの知識があれば問題ないです。

面接官
それでは、最後にご質問ありますか?

モン閃
2点あります。

1点目は、入社となった場合の参画可能性の高いプロジェクトについて、規模やメンバー構成、役割についてご教授いただければと思います。


モン閃
2点目は、○○さん(面接官)から見た、御社の社風、雰囲気についてお聞かせ願えればと思います。

面接官
プロジェクトについては、自社メンバー10人程のチーム構成で、役割はチームリーダーでお願いしたいと考えています。

面接官
社風は、全員が意識高く業務を行っている点でしょうか。

改善意識高く、現場では縦横関係なく意見を言い合える環境です。

入社後研修でその点はしっかりお話があります。

モン閃
ありがとうございました。

ぜひ御社の一員となって、一緒にプロジェクトを成功に導いていければと思います。

面接官
それでは最後に形式的な質問をさせてください。

希望年収に関しては、履歴書に記載の内容で間違いありませんか?

入社可能時期も記載の通りで良かったでしょうか?

モン閃
はい。間違いありません。
面接官
では本日の面接は終了となります。ありがとうございました。
モン閃
ありがとうございました。

一次面接総括

会話のキャッチボールが出来ていて、感触も非常に良かったです。
事前に想定していた問答の内、9割は予想通りでしたので受かる自信はありました。

二次面接の会話内容

面接官
よろしくお願いします。

(WEB面談でカメラを見て)和風な雰囲気ですね。
どちらから参加されてますか。

モン閃
諸事情で実家からとなります。
どうぞよろしくお願いします。
面接官
それでは前の面接で聞かれたかもしれませんが、転職理由と当社を選んだ理由について聞かせてください。

モン閃
はい。転職理由ですが、今の会社に縛られる必要はないと気づいたことが理由の1つになります。

モン閃
社長に恩義を感じていて、転職することは裏切りであるとずっと思ってきました。

ですが、経営者と一社員の立場の違いを利用して、恩義に思わせて会社に縛っておく考えもあったんじゃないか、と思うに至りました。

面接官
えーっと、それは転職を踏みとどまる理由ではないですか?

本質的な転職理由は別にあるはずですが、どうですか。

モン閃
はい。えー、そうですね。。

現在の会社では、言葉は悪いですが意識の低いメンバーと上司ばかりで、仕事に対するモチベーションが低いです。


モン閃
一例ですが、年間目標を計画して、目標を達成できていないにも関わらず、年度が終わるタイミングで振り返りをしない。

ですので、何年も目標を達成できない状況が続いています。

面接官
最初の話と違ってきていますが、あなたの転職理由は周りの人間のモチベーションが低いため、環境を変えたいという事でよかったですかね。
モン閃
そうですね。

根本には環境を変えたいという事があって、次に今の会社に縛られる必要はないと気づいたことが理由で、転職に踏み出したという流れになります。

面接官
では、当社を選んだ理由についてお聞かせください。

モン閃
はい。自己責任のもと、自分で参画したいプロジェクトを選ぶことができる所です。

モン閃
業務量を考慮しながら、参画時期をプロジェクトマネージャーと調整し、時には7:3のように2つのプロジェクトに携わる事が出来る所に魅力を感じています。

面接官
全部が全部希望を叶えることはできないですよ。この話は誰に聞かれましたか?
モン閃
□□さん(紹介者)からお聞きしました。
面接官
□□さんにも誤解のないように伝えておきますが、上司命令で配属プロジェクトを決定することもあります。

その点はご了承いただけますか?

モン閃
はい。その点は承知しております。
面接官
わかりました。それでは経歴について詳しく聞かせてください。

生保での経験は〇年、銀行での経験は△年とありますが、生保での経験が長いですね。

どのようなポジションだったんでしょうか?

モン閃
はい。生保では最初の2年はいちエンジニアとして、システム開発に携わっていました。

最後の4年間はプロジェクトリーダーとして、進捗管理、品質管理、顧客調整を担当しておりました。

面接官
得意な技術は何になりますか?
モン閃
VB系の言語が得意です。

VBA、VB.Netを最も得意としていますが、Javaについても開発経験があります。

最近は自宅でpythonについても学習しています。

面接官
分かりました。では希望年収についてお聞きします。

どうして年収800万円を希望されるのでしょうか?根拠はありますか?

モン閃
単純に現年収の1.5倍欲しいからです。

一般的な指標・ステータスとして、年収800万円が挙げられることも理由です。

家族を養っていくためにも必要となります。

面接官
ステータスですか。分かりました。

入社可能時期も記載の通りですね。

ではお聞きしたいことは聞けましたので、最後に何かご質問ありますか?

モン閃
はい。○○さん(面接官)から見た、御社の社風、雰囲気についてお聞かせ願えればと思います。
面接官
割と自由な社風で、外資系の中でも働きやすい職場環境といえると思います。

縦横で自由に意見が言い合える所も良いのかなと。

----------
面接官側のネットワークが突然途切れ、1分程中断する。
----------

面接官
すいません。ネットワークが切断しましたが、お話伝わりましたか?
モン閃
はい。話は伝わっております。

貴重なお話ありがとうございます。

面接官
まだ時間ありますが、他にも何かご質問ありますか?
モン閃
はい。○○さん(面接官)が今の地位に至るまでに、意識して取り組まれてきた事をお聞かせ願えればと思います。

面接官
そうですね。プロジェクトの成功を第一に考えてやってきたので、年収は二の次でした。

面接官
年収も大事ですけど、これからの時代、横のつながり(人間関係)が大事だし、プロジェクトの成功といった側面を大事にする方が良いと私は考えています。

モン閃
ありがとうございます。

○○さん(面接官)と、いつか直接お会いしてお話しできればうれしいですね。

面接官
では面接を終了します。
ありがとうございました。
モン閃
ありがとうございました。

二次面接の総括

二次面接は最初から会話がチグハグで、違和感のあるコミュニケーションになりました。
これまで経験のないWEB面接だったことも一因と考えられますが、完全に準備不足です。

失敗の原因は、

・転職理由が論理的に矛盾していた。
・希望年収に根拠がなかった。
・面接終盤で良くない感触と分かっているのに、挽回しなかった。
・前日に睡眠を充分に取っておらず、頭が回っていなかった。

と自己分析しております。

今回の失敗に対する対策としては、

・転職理由については、現職において年収が3年ほど変わっておらず、限界を感じている旨を伝える。
・希望年収については、市場価値を計るツールの結果が、希望年収だった旨を伝える。
・面接終盤では、自己アピールと入社への想いを伝える。
・面接前は睡眠を充分に取って、物事を冷静に判断できる状態にしておく。

などでしょうか。

まとめ:リファラル採用面接の準備は超大事

二次面接は完全にこちらの準備不足でした。

リファラル採用という事で落ちることはないと、どこかに油断がありました。

紹介者から2次面接官のキャラクターを聞いていて、世間話程度だろう旨を聞いていたのもまずかったですね。

▼想定問答を事前に確認し、回答内容に矛盾があれば訂正しておく。
▼面接官には結論から先に話し、会話はシンプルにする。
▼既に面接に失敗した感触があるなら、最後のアピールで挽回を試みる。
▼万全な体調で面接に臨む

振り返ってみると当たり前の事なのに、準備をしていないせいで、人生が大きく変わってしまうこともあります。

面接時間は長くても1時間程度ですので、自分の人生を凝縮させて伝える必要がありますよね。

そのための準備は万全に行い、何度もシミュレーションしておくことをおススメします。

次は転職に失敗しない!転職情報をあつめるならマイナビエージェントがおすすめ。

-転職失敗談

Copyright© 35歳からのアフィリエイト , 2021 AllRights Reserved.