野球用品相場

少年野球

【少年野球】初期費用を抑えたい!合計2万円程安く購入できた方法を解説

更新日:

少年野球を始めるのに掛かる費用、気になりますよね。

『子供には野球やらせてあげたいけど、費用は何とか抑えたい』

我が家でも最初に掛かる費用を抑えるために、頑張って調べました。
結論を先に書いておくと、何も考えずに野球用品を買うケースと比較して、トータル約2万円お得に購入する事ができました!
2万円は結構大きいですよね。

ポイントはリサイクル品!

では小学校6年間野球をやっていた元野球少年が、自分の経験踏まえて、どうやって安く購入したのか解説していきます。
少しでも節約したいお父さんお母さんは、一読してみてくださいね。

少年野球で必要な道具リスト

少年野球を始めるうえで必要となるものって、結構あります。

我が家の息子スペックを元に、大手スポーツ用品店と個人商店の相場(兵庫県)と合わせて表にしてみます。

<息子スペック>

学年 小学1年生
身長 125cm
体重 25kg
靴のサイズ 20cm

 

<商品別値段>
※メーカーによって値段はピンキリですので、あくまで一例です

商品 大手S用品店 個人商店
バット 7,000 8,000
バットケース 3,000 3,000
グローブ 7,000 8,000
ユニフォーム試合用(上下) ------ 10,000
帽子 ------ 2,500
ヘルメット ------ 4,500
ユニフォーム練習用(下) 1,500 1,500
アンダーシャツ 2,000 2,000
ベルト 1,000 1,000
カバン 3,000 3,500
アンダーソックス 900 900
ストッキング 800 800
ストッキングテープ 500 600
靴(スパイク) 3,000 4,000
靴(トレーニングシューズ) 3,000 4,000
靴ケース 1,000 1,000
ジャンパー 未調査 未調査
水筒(1L) 3,000 ------

結構差がでますよね。
リサイクル品を購入できれば、さらに費用は抑えることができます。

我が家では以下の商品を、リサイクルショップ等でお得に購入する事ができました。

商品 購入方法 購入金額
バット ブッ●オフ 800
グローブ セカンド●トリート 1,600
ユニフォーム練習用(下) 先輩部員からの提供 0
アンダーシャツ リサイクル品 300
靴ケース ●イソー 200
野球には硬式と軟式がありますが、多くの少年野球は軟式です。

 

当記事でも軟式少年野球を前提に話を進めますね。

少年野球用品の相場を知る

野球用品相場軟式少年野球の用品って、たくさんあって値段も様々。
だからまずは、相場を知る所から始めると良いです。

上記で挙げた表の価格は、当時(2019年1月頃)期間限定割引になっていたアイテムも含みますので、まずはネット検索等して欲しいアイテムの”今”のざっくり価格を知りましょう。

メルカリジモティーで比較するのも有ですね。

中古品だと他のママ達の視線が気になる所ですが、全て新品で良いものを揃えると10万オーバーです。
抑えれる所を抑えていけば我が家のように、4万円程度で済みます。

個人的には最初に高い商品を揃えるより、《まずはある程度のものでやってみよう》で良いと思います。
子供がすぐに野球を辞めちゃうかもしれませんしね。

あと気を付けたいポイントとして、ネットで購入するのは有りなんですが、まずは店舗で現物に一度触れてからの購入がおすすめ。
子供もバットやグローブに興味を持ちますし、靴であればメーカーによってインチが同じでも、微妙に大きさ変わりますからね。

では、個別道具について詳しく解説していきます。

バットはリサイクルショップ等で中古品を探す

リサイクルショップで結構バットは売られています。
使っていく中で汚れてきますので、「どうしても無理」って方以外は、安く済ませちゃいましょう。

ポイントは長さ。
小学校低学年だと75cm以内のバットが良いです。

新品にこだわるのはメチャクチャ分かりますし、最初に中古品からスタートするのは抵抗ありますよね。
でもバットはわりとすぐ汚くなりますので、問題ないかと。

我が家もバットは中古品スタートです。

バットケースはカバンと一体型になっているものを購入すれば、単体での購入不要ですよ。

グローブは新品を探す

グローブサイズの目安グローブも結構すぐ汚れるんですが、安物だとすぐボロボロになっちゃいます。。。
ですので、グローブはなるべく新品が良いです。
中古にする場合でも、傷んでない状態のものを購入しましょう。

ポイントは子供の手より一回り大きいサイズ。
ピッタリだとすぐに小さくなるので、少し大きめがベスト!

ポイント2つ目は、オールラウンド用のグラブにすること。
キャッチャー用ミットやファースト用グローブも売られていますので、間違えないでくださいね。

あとは一定の質も欲しいところですので、有名メーカー品をおススメします。

<おすすめメーカーグローブ>

ミズノ ゼット アシックス
アンダーアーマー エスエスケー ローリングス

ユニフォームやアンダーシャツはリサイクル品を狙う

ユニフォームやアンダーシャツはリサイクル品を狙う』ここ重要です。

野球チームに入る時期にもよりますが、ユニフォームやアンダーシャツは、先輩部員が小さくなったものをリサイクル品として譲っていただけたり、格安で売っていただける場合が結構あります。

新品だとトータルで¥20,000前後はするのに、リサイクル品でサイズが合えば、¥1,000ぐらいで揃いますよ。

ぜひ先輩お母さんに、「不用品のリサイクルってやってますか」と一言聞いてみることをおススメします。

もし譲っていただけるとなった場合も、しつこいですが確認ポイントはワンサイズ大きめであるかですよ!

帽子、ヘルメットは指定店舗から購入

帽子やヘルメットも、リサイクル品で状態良ければいいのですが、経験上傷んでいる場合がほとんどです。
毎日使っていて、結構雑に扱われがちなので。

ですので、帽子、ヘルメットはチームが指定する店舗から購入しましょう。
試合用ユニフォームも、チーム毎に違いますので、リサイクル品がなければ指定店舗からの購入が必須です。

ベルト、アンダーソックス、ストッキングは新品を購入

少年野球用ストッキングベルトやアンダーソックス(靴下)、ストッキングは色だけ気をつけて、大手スポーツ用品店で購入しましょう。

チームカラーが指定されてるはずですので、色は間違えないように。
例えばスカイブルー指定なのに、ロイヤルブルーだと一人浮いちゃうので注意!

ストッキングテープは外からは見えないので、色は気にする必要ありません。

トレシュー、スパイクは店舗で確認後ネット購入がお得

まず最初に、トレーニングシューズと(ポイント)スパイクは別物なんですよ。
私は知りませんでした(笑)
30年前はスパイクしかなかったのに(汗)

靴も色に気を付けて、子供の足にあっているか確認して購入しましょう。

ポイントは少し大きめのものを買う!

我が家の息子は5ヶ月で小さくなって、最近またワンサイズ大きいサイズを購入しました。。。

皆さんも気持ち大きめよりも、結構大きめで良いと思います。
靴下分厚いので、思ってるより0.5cm大きいので良いかと。

カバンは新規購入、水筒は家にあるものでOK

カバンはバットが一緒に入るタイプと、カバンの機能だけのものに分かれます。
子供が小学校3年生ぐらいまでは、カバンとバットケースが一体型のものでいいと思います。

我が家は店員さんにおススメされたカバンを購入して、バットケースを別で購入することになってしまいました。。

水筒は小学校に使ってるもので最初は良いと思います。
ただ夏場はメチャクチャ水分補給するので、みんな2Lの水筒を持ってきてるので、購入が必要かも。

我が家はアマゾンで以下の2L水筒を購入。
象印 (ZOJIRUSHI) ミズノ水筒 直飲み スポーツタイプ ステンレスクールボトル 2.0L ブラック SD-BX20-BA

まとめ

衣類や靴は大手スポーツ用品店に行ってから、街中の個人商店へ行って比較するのが良かったです。

体験入部に行った先で紹介される、個人商店にそのまま行って購入はいけません。

もちろん、チームロゴの入る帽子やヘルメットのように、所定の店でしか取り扱っていない時は仕方ないですが、それ以外は大手の方が大概安いです。

狙うは割引商品!
50%OFFセールなど、型が古くなった商品を安く売りだしてる時があるので、ぜひチェックしてみてください!

そして最後に一つだけ。

あまりにもボロボロなのは控えときましょう。
特にグローブは、野球選手にとって一二を争うぐらい大事なものなので、なるべく状態いいものを選んであげてください!

それでは楽しい野球ライフを!

-少年野球

Copyright© 35歳からのアフィリエイト , 2021 AllRights Reserved.